ワンピース全巻無料で読むサイト
ネタバレ

【ワンピース963話】最新ネタバレ確定速報!イゾウと傳ジローの関係性

今回は、2019年11月25日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新963話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介していきます。

前回962話では、相変わらずおでんの回想編でしたが、かなり話しが進みました。

赤鞘九人男たちがどのようにしておでんの家臣となったのかもほとんどわかりましたし、おでんが大名になった経緯も明らかになりました。

特にアシュラ童子のエピソードでは、光月おでんがどれだけ強く偉大な存在だったかわかりましたよね!

アシュラ童子との件をきっかけに、九里の大名に任命されたという事ですが、ここからやはりオロチによって落とされていくのでしょうか…。

それでは、2019年11月25日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新963話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介していきますので、最後までお見逃しなく!

 

ワンピース963話ネタバレ確定速報『オロチとの因縁の始まり』

康イエの屋敷から、金が盗まれた事に関して「おでんが盗んだのを見た」とオロチが言い張っていました。

ただ、康イエが怪しんでいる通り、おでんの犯行だと言いつつ挙動不審に見えますし、予想通りオロチの犯行であるようです。

おでんは、オロチを初対面で「気持ち悪い」と言い放っていましたし、オロチがおでんに対して悪意を持って発言したようにも見えます。

ただ、おでんに関してもこの当時からワノ国では色んな意味で『有名』でしたから、康イエの地位を狙っていた可能性も捨てきれません。

もちろん、その視線の先には将軍であり父でもあるスキヤキの地位が…。

しかし、結果を考えれば、現代のワノ国の将軍に君臨しているオロチは、おでん・康イエに恩があった上で”裏切った”とされていますが、康イエはともかくおでんに対してはどんな『恩』があったのかも気になりますね。

回想編でも、現時点ではおでんすらオロチを怪しんでいるように見えるので、ここからオロチを助けるような場面が展開されるのでしょうか?

 

赤鞘の中にオロチの仲間が?!

回想編では、康イエの金を盗んだものが誰か騒がれていますが、現代でも作戦の内容や情報が洩れている事で『裏切り者の存在』が疑われています。

作戦を決行するメンバーの中、はたまた赤鞘九人男たちの中に内通者・裏切り者がいる可能性が高くなっていて、誰もを疑いの目で見てしまいますよね。

現に、鬼ヶ島への到達も厳しいほど暗雲が立ち込めている状況なのですが、もしその『裏切り者』が近い存在であれば、決行メンバーのメンタルも心配です。

回想に入る前には、様々な思わせぶりなシーンが描かれていましたが、過去の出来事になにかヒントが含まれていたのかも…?

  • しのぶ
  • カン十郎
  • お菊
  • 雷ぞう

もはや誰もが怪しく見えてしまいますが、年末に差し掛かりプリンの時のように年内の最終話で驚く展開が待ち構えているのかもしれません!

 

 

ワンピース963話ネタバレ確定速報『イゾウと傳ジローの関係』

前回、おでんが九里大名就任の際に気になったのがイゾウと傳ジローの存在です。

というのも、この2人に関しては、今もワノ国にいるのかどうかすら不明です。

傳ジローに関しては、錦えもんが「作戦決行のキーマン」と名を挙げていましたから、ワノ国にいるのだろうと予想していますが…。

イゾウに至っては、白ひげ海賊団残党でありながらその所在は不明になっています。

白ひげ海賊団は、ワノ国・おでんといったキーワードとは切っても切れない結びつきがありそうなので、マルコと共に作戦に参戦するのでは?と期待したいですよね。

イゾウがどのようにして白ひげ海賊団に加入したのかも気になりますし。

他にも、イゾウたちのようにワノ国を飛び出した侍が存在しているのでしょうか。

 

大物たちとの出会い編は?

センゴクもおでんも気にかけていたように、何かと大物たちに好かれている印象のおでんですが、着々とワノ国にひとを引き付けていっていますね。

大物は物珍しい破天荒さと度胸に興味を抱くのでしょうが、それが許されるのも、おでんが確かな強さを持っているからでしょう。

おでんの回想編では、ロジャーとの出会いや白ひげとの出会いも描かれそうです。

2人とも当時すでに懸賞金50億超えでしたが、そんな大物がなぜおでんをかったのか気になります。

九里大名の地位だけでなく、優秀な家臣をたくさん手に入れたおでんの今後の言動に期待したいですね!

 

ネコマムシとイヌアラシ

流されてきたネコマムシとイヌアラシに最初に出会ったのは河松でしたが、2人がこのタイミングでなぜ流されてきたのかも気になりますね。

この2人の問題についてもおでんが解決していくのでしょうか。

河松も、2人と同じタイミングでおでんを交えてハプニングがあり、解決される事でおでんへ付くことになると予想できますが…。

ネコマムシとイヌアラシは白ひげの船にも乗っていましたが、イゾウが隊長となっていく展開も描かれるのかもしれないですね。

おでんは、後にロジャーに見出されるようなので、赤鞘九人男が確定したあとにその部分も描かれていくのでしょうか。

 

ワンピース963話ネタバレ確定速報『赤鞘九人男の選出方法』

前回のエピソードで、赤鞘九人男が本当は侍にはなれないような人物を、おでんが自分の一存だけで立場を与えた事も判明しました。

ここまでに、彼らからなんとなく漂っていた侍っぽくない立ち振る舞いの理由は、このあたりにあるようですね。

今までは、ワノ国の英雄である光月おでんに仕える素晴らしい侍たち、というイメージだったのですが、前回のエピソードでその印象も変わりました。

錦えもんのちょっと頼りない感じや、侍とは言い難い行動を考えると「おでんから地位を与えられただけ」という展開に納得です。

また、今までシルエットが豊富に使われ、モヤモヤするエピソードも多かったのですが、前回の962話ではストレスがかなり減った印象です!

かなり伏線が回収されたように思いましたし、色んな部分のつじつまが合ってきて、かなりスッキリしましたね。

 

オロチのせこさ

962話では、イゾウの件とオロチの過去に特に注目が集まりました。

特に、オロチのせこさが明らかになった回でもあったので、今のオロチの片鱗が見えたように思えましたね。

オロチが康イエの金を盗んだとして、その金は自分のために使ったのか、それとも黒駒の親分に収めてしまったのでしょうか…。

傳ジローは、黒駒の親分が白猪(山の神)を使ってヒョウ五郎一家を潰そうとしていると考えているようですが、黒駒の親分は次期将軍の座を狙っていました。

オロチは買収されているのか、はたまた実の息子…なんていう可能性も??

前回、たった1話で6年も進みましたから、ロックスの話しも出たところですし、カイドウが上陸するかも…?

 

ワンピース963話ネタバレ『アシュラ童子の強さに期待』

光月おでんに使える侍たちですが、まだあまり強い印象はありません。

ただ、アシュラ童子だけは実際に実力の高さが描かれていました。

ジャックに一撃を入れていますし、現メンバーの中でもトップクラスの実力の持ち主で、冷静な姿勢にも期待が高まります。

アシュラ童子の全盛期は、さぞかしすごい力を持っていたんだろうなと思いますね。

かつて『鬼』とも呼ばれたアシュラ童子ですが、これから名誉挽回とばかりに赤鞘九人男たちの実力を発揮させてくれるでしょうか。

おでんは、赤鞘九人男たちを淡々と家臣にしていっていますが、年内残された数話で光月おでんの公開処刑までエピソードが進むかもしれません。

 

アシュラ童子を軽く勝るおでん

そのかなり強いアシュラ童子を、さらに上回る強さだった光月おでん。

かつては無法地帯・九里で最強と言われたアシュラ童子は、スキヤキですら手を焼いていました。

錦えもん・傳ジローたちは、おでんが丸一日帰ってきていない事に気付き、探しに向かった先でおでんが倒したアシュラ童子の姿を発見していました。

この一件で、将軍・スキヤキはおでんとの絶縁状態を解消し、九里を納める大名に任命したんですね。

大名になったおでんに、そのまま家臣として使われたのが赤鞘九人男です。

となると、この中に光月家を裏切っている人がいる…、なんて考えたくはないのですが。

 

イゾウと菊の丞は兄弟!

イゾウはのちに白ひげ海賊団の16番隊隊長になる人物ですが、彼ももとはおでんの家臣だったようです。

菊の丞とイゾウは、父親が捕まったせいで踊りでなんとか生きていこうとしていたようでしたが、おでんの”おでん”を食べて彼に付いて行く事を決意したようですね。

おでんの手記によって、イゾウや菊の丞を始めとする赤鞘九人男たちのエピソードが明らかになっていきますが、おでんの記し方もまた面白いですね。

カン十郎に至っては、生死を問わず人間の髪を切って筆にしていた変態…という事になっていました(笑)。

やはり、一筋縄ではいかないメンバーが揃っているようです。

<<ワンピース964話に続く

 

『ワンピース ネタバレ 最新 確定 』まとめ

ここまで、2019年11月25日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新963話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか?

前回962話では、おでんが赤鞘九人男たちをどうやって家臣にしていったのかや、大名になるまでが描かれていました。

絶縁した父で将軍のスキヤキも、アシュラ童子の一件で考えを改めたようですが、ここからどうオロチやカイドウが関わってくるのかますます気になります!

回想編がダラダラと続くのでは…と心配していた読者も多いようですが、なかなかハイテンポになってきたので、ここからの展開に期待がかかりますよね!

赤鞘九人男たちが家臣になるまでのエピソードも個性豊かで面白かったですが、おでんとオロチにどんな因縁ができていくのか気になります。

2019年に本誌で読めるワンピースも残り少なくなってきましたし、目が離せません!

関連サイト:公式HP/Twitter/YouTube/尾田栄一郎公認公式HP

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.