ワンピース全巻無料で読むサイト
ネタバレ

【ワンピース960話】最新ネタバレ確定速報!おでんの成り上がりストーリーとは?

今回は、2019年10月28日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新960話のネタバレ確定速報をご紹介していきます。

前回959話では、決戦の二日前に約4200人が集まり、各地で移動や準備が進み、約束の場所で会うところも描かれていました。

そんな中、ルフィはジンベエの到着を気にかけていましたが、決戦前夜にはオロチの指示によりサニー号が爆破されてしまい…。

常影港へと続く全部の端が壊され、伊達港では準備していた船も破壊されてしまいました。

常影港では『最後までおでんの侍でありたい』という家臣たちの姿が印象的でしたが、959話では41年前おでんの姿も描かれました!

ここからさらに詳しい回想編にうつるようですが…。

それでは、2019年10月28日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新960話のネタバレ確定速報をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

ワンピース960話ネタバレ確定速報『若かりし頃のおでんの成り上がりストーリーに注目!』

相変わらずの悪天候の常影港。

すでに集まっている光月おでんの家臣たちである錦えもんは、小舟で鬼ヶ島を目指そうと試みます。

その中でも、一人鎧を身に纏ったお菊の様子が気になりました。

モモの助の言葉に、一人だけうつ向いているような状態で、何やら他の6人とは違った雰囲気のように感じたのですが…。

本誌掲載の959話では、『39年前』と書かれていたのですが、公式Twitterより訂正があり、正しくは『41年前』とのことです。

その41年前の”花の都”では、光月おでんが外を歩くだけで、家の女を隠し店じまいし、家畜すら隠す…といった騒ぎになっていたようです。

『自由人で暴力事件を繰り返していた』と920話で語られていたように、かなり”傾奇者”として名を馳せていました。

 

傾奇者だったおでん

41年前という事で、かなり若い頃の光月おでんのようですが、その姿は明らかに傾奇者!といった出で立ちです。

光月おでんは、ワノ国の将軍・光月スキヤキの息子で、康イエとのやり取りから察するに将来はもちろん将軍の地位を継ぐ立場にありました。

ワノ国では、当時から身分によって差があったようですが、身分が高い分、権力が持てるように、相応の”責任”も発生します。

権力があるとはいえ、好き勝手に振舞っていいというものではなく、そういう立場のおでんが船出しようとすることで大騒ぎに。

鎖国中のワノ国では、出国すら大罪に当たるという事で、模範となるはずの将軍の息子の行動としては大問題だったようです。

おまけに、奇抜な服装で街を闊歩する様子は、町民からすればただの悪党だったのでしょうね。

 

錦えもんたちも傾奇者だった?

康イエの回想があった時に赤鞘九人男たちの若かりし頃が描かれていましたが、みんな”普通”とは遠い出で立ちでした。

錦えもんに至っては、金髪だったようですし、マゲを結っている様子もありませんでしたし…。

959話では、「酒天丸がおでん様と出会わなければ、侍になれなかった」を話していた通り、後に赤鞘九人男と呼ばれた彼らもみなチンピラ同然の身分だったはずです。

錦えもんも、おでんと何等かのかたちで喧嘩になって心を入れ替える…ようなパターンなのかもしれませんね。

将軍の息子だから威張り散らしているはず、と思って錦えもんからおでんに挑戦した可能性も高いですよね。

錦えもんは、酒天丸を仲間にしようとしたときに『拙者がどんな男か知っていよう、必ず仲間にしてみせる!」と言っていましたし、しつこい事は知っているだろうと伝えたかったのでしょう。

 

ワンピース960話ネタバレ確定速報『内通者の新たな候補が…』

錦えもんは、約4,200人の集まった仲間たちに『約束の港で会おうぞ!』と言っていましたが、これは955話でも使われていたセリフです。

全開の959話は、955話の内容とリンクしているようですね。

判じ絵の変更により、集合場所が常影港から変更になった事がオロチ側に漏れている事が明らかになった955話。

この件で、オロチ側と繋がっている”内通者”がいる可能性が高いのでは?と思われていますが…。

そこで錦えもんがわざわざ『約束の港』と強調した所に、なにか意図があるのでは?と考えている人も多いようですね。

錦えもんは、内通者の存在を感じていて、あえてそんな言い回しをしているのか?と思えるような言い方でしたよね!

 

オロチの指示内容は?

  • サニー号の爆破
  • 常影港に通じている大橋の爆破
  • 伊達港にある船の破壊

と、次々に爆破・破壊するよう指示したオロチの行動力は、まさにオロチのイメージ通りですよね。

955話で、常影港が決戦の集合場所である事がオロチ側に漏れている事が判明し、錦えもん達の行動を阻止するだろうことも明らかでした。

オロチは不敵な笑みを浮かべ、情報が確かである事を確信している様子からも、内通者がいる可能性はやはり捨てきれません。

さらに、ここまで来ると錦えもんに近い人物が内通している可能性が高いように思います。

 

実はあの人が裏切り者?!

『錦えもんに近い人間が裏切り者の内通者』だとずっと予想してきましたが、実はその錦えもん本人が内通者の可能性も考えています。

今回、予想以上の悪天候に加え、約束の港には誰も現れない状況、ルフィ達とは連絡すら取れていない状況で、錦えもんは強行突破を図っています。

作戦の要とも言える赤鞘たちをこの場でまるで自害に誘うような行動に、不信感を捨てきれません。

錦えもんがオロチを蹴落としカイドウの側近の座を狙っているとしたら…?

そう考えるとかなり恐ろしい展開になりそうなのですが、これまでの錦えもんに対する疑問も払拭できるような…?

 

ワンピース960話ネタバレ確定速報『おでんやワノ国の過去が判明!』

去年のジャンプフェスタでも、光月おでんのストーリーが目玉になると宣言されていましたが、959話のラストからいよいよ本格的に光月おでんの過去が明らかになりそうです!

これまでも、バラバラではありますが少しづつ回想が挟まれていましたが、

  • 光月家の先祖について
  • 鎖国と開国の発端
  • ワノ国と世界の繋がり
  • おでんが将軍になるまで
  • オロチが将軍になるまで

と、ワノ国編の核心ともいえる部分がさらに鮮明になっていきそうです!

世界との繋がりは特に複雑で、驚きの展開が多く判明しそうですが、個人的には光月おでんが将軍に成り上がるまでのストーリーがとにかく早く知りたいです!

おでんがオロチにやられてしまうより、ずっとずっと前で、もちろんモモの助や日和も生まれていない頃のおでんは、民衆から嫌われているように見えました。

あの当時のおでんが一体どうやって民衆の信頼を得たのか、気になりますよね。

 

光月スキヤキと九里城

カイドウに攻撃されてしまったおでん城は、もともとは『九里城』という名前でした。

そこから愛称が”おでん城”に変わったのも、光月おでんが国民から愛されて信頼された証です。

960話以降では、そんな光月おでんの人生や将軍として認められるまでのエピソードが明らかになります。

将軍『光月スキヤキ』の息子という立場にありながら、破天荒で暴力沙汰ばかり起こしていたらしいおでん。

明家に生まれ、親の思い通りにならない…というパターンはある意味『王道』ですが、光月おでんは花の都を追放されてしまうほど自由気ままに暮らしていたようです。

 

アシュラ童子との出会い

追放さえたおでんが向かったのは、『九里の地』だったわけですが、当時の九里は今では想像できないほどの悲惨な状態で、無法地帯と言われていたようです。

罪人たちで溢れ、徒党を組んでは暴力の毎日…。

将軍すらとうとう諦め、見放してしまってからはますます荒れていたようですが…。

そんな無法地帯の中でも最恐だとされていたアシュラ童子を討ち取ってしまったおでん。

ここから無法者たちに少しづつ慕われていったようですが、このエピソードについてもさらに詳細に語られていきそうです!

 

桃源農園を作る!

アシュラ童子を討ち取り、悪党たちを見事にまとめあげた光月おでんですが、それだけにとどまらず、仕事を与え町を築いてしまいます。

フランキーの生い立ちとリンクしてしまうエピソードですが、おでんはさらに国民のために桃源農園を設立します。

カイドウに牛耳られてしまった桃源農園ですが、おでんはこの功績をたたえられ、将軍で自身の父でもある光月スキヤキにより『九里大名』という地位を授かったわけです。

傾奇者として名を馳せていたおでんですが、悪党たちすらまとめ上げ惹き付けるカリスマ性は天性のものかもしれませんね。

この時、光月おでんは若干20歳というのも驚きでした!

 

ワンピース960話ネタバレ確定速報『ルフィはジンベエと合流?』

作戦開始早々から頓挫してしまった赤鞘九人男たち…。

明らかに劣勢といえる状況ですが、ここまで来てしまっては引くに引けませんよね。

おでんだけでなく、康イエや犠牲となったおこぼれ町など…。

作戦を決行するまでに、色々な人の想いや行動が絡み合っていますから、錦えもん達の想いも当然だと言えます。

天候も味方してくれないどころか、港に完全孤立してしまった状態の赤鞘九人男衆…。

ここからどう巻き返すのか気になりますが…。

 

ルフィ達との合流はいつ?

心配していた通り、予定から大きく予想が外れてしまった状態での作戦決行となりました。

ルフィ達との合流も叶っていませんが、戦力は消えていませんからここからどう登場し赤鞘たちをフォローするかに注目が集まりますね。

オロチの卑劣な行動によって、予定していた通行手段も断たれてしまった状態ですし、作戦もさらに大きく変更せざるを得ない状況になっています。

しかし、ここからはおでんの回想編へと移行しそうなので、侍たちの逆転劇が観られるのもまだまだ先になってしまいそうですね。

 

ジンベエの到着も?!

ルフィの口から、ジンベエの到着を心配するセリフがありました!

期待していた通り、ジンベエもこの作戦に一役買ってでてくれるのでしょうか?

サニー号も破壊された今、船もない状態になってしまいましたし、このタイミングでジンベエ達が助っ人で登場してくれるのは嬉しいですね!

サンジの懸賞金についても触れていましたし、久しぶりにホールケーキアイランドについても話題になっていました。

おでんの回想はもちろん楽しみなのですが、どん底の状態からの大逆転劇に大勢の読者が期待しているので、早く本編に戻って欲しい気持ちもありますよね!

<<ワンピース961話に続く

 

『ワンピース ネタバレ 最新 確定 』まとめ

ここまで、2019年10月28日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新960話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介しましたが、いかがでしたか?

全開959話では、最悪の天候の中、オロチによって集合場所への到着も阻止された場面が描かれていました。

オロチは、集合場所へ繋がる橋や留まっていた船をすべて爆破して回っていましたが、これによって赤鞘たちが孤立してしまった状況に…。

こんな最悪の状態であっても、欠航しようとする錦えもんと、赤鞘たちの温度差が徐々に明らかになっているような不安を感じる展開でしたね!

ルフィ達は久しぶりにワイワイしている様子で、ちょっとホッとしましたが。

ルフィはジンベエの到着も待っていますし、何等かの手段でどうしてでも鬼ヶ島へ向かう事と思いますが、どうなるのか目が離せません!

関連サイト:公式HP/Twitter/YouTube/尾田栄一郎公認公式HP

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.