ワンピース全巻無料で読むサイト
ネタバレ

ワンピース976話ネタバレ速報予想!カン十郎は寝返る!

ワンピース 最新 976話

今回は、2020年4月6日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新976話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介したいと思います。

前回975話では、何と言ってもラストの一コマが最高の展開でしたね!

錦えもんは仲間が集まらない事に不安そうでしたが、そもそも暗号の解読を”勘違い”していた錦えもん。

集まらないのも当然です…(笑)。

そんな錦えもんに、それすらもオロチを陥れる作戦だと思っている狂死郎(傳ジロー)のようすから、赤鞘のそれぞれのポジションも明確になってきたように感じます。

ルフィ・キッド・ローの登場も読者には嬉しい展開ですね!

それでは、2020年4月6日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新976話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介しますので、最後までお見逃しなく!

 

ワンピース976話ネタバレ確定速報『サービスシーンが続く?』

前回は拘束され、身動きが取れないくノ一・しのぶのシーンからスタートでした!

くノ一の拘束シーン…とだけ見ると、サービスショット的なイメージもありますが、実際にはあのしのぶですので…。

一方、決戦前夜にオロチとカイドウ側によって襲撃を受け、爆発されたはずのサニー号でしたが、「サニー号をそこらの爆弾で破壊しようとは甘い輩だ!」という通り。

宝木・アダムで作った千の海を超える船…、そういえばサニー号は普通の爆破ではびくともしない頑丈な船でした。

さすがに無傷、というわけにはいかなかったようですが、帆の修繕で遅れたものの無事でなによりです!

ルフィ・キッド・ローの船長たちは、さっそく反撃にあたります。

 

激突!!

カイドウ側は「一度は全員捕まった小物たちだ」として、完全にルフィたちの事を甘くみているようですね。

3人の船長たちはというと…2年前のシャボンディの時と変わらず、「我先に」とばかりに揉めています。

中身は相変わらずといった感じですが、実力はもちろん当時と比べ物にならないのも事実。

すぐさま敵船に乗り込み、攻撃開始、大混乱の海戦がスタートしました!

ルフィはというと、さっそくギア4で攻撃を繰り出していますが、カイドウ戦にたどり着くまでにこの勢いを保てるでしょうか…。

 

カン十郎の苦労は…?

前回なにより衝撃的だったのは、錦えもんの”勘違い”だったわけですが、これによってカン十郎のこれまでの苦労は無駄に?

敵に内通者を送り、常に先手を打ってきたはずのオロチ側でしたが、おかげで劣勢になったような印象を受けます。

オロチ側は、先回りして作戦を無駄にさせたかったのでしょうが、迎え撃つ事もできず…。

しかし、そうはいっても種戦力は鬼ヶ島にありますし、カイドウたちが圧倒的な戦力でルフィ達を出迎えています。

また、狂死郎の正体がすでに明らかになっていますが、日和以外正体を知らなかった以上、バラすのはもっと後でもよかったのでは?と感じています。

このタイミングもあとから理由が明らかになるのでしょうか?

 

ワンピース976話ネタバレ確定速報『錦えもんの人間性について』

錦えもん=切れ者という事だったはずなので、ある意味ではイメージダウンとも言えます。

暗号を間違ってしまうとは、本当であれば大失態、大波乱の展開になるはずです。

が、狙っていなかったにしても、錦えもんのおかげで大好機が巡ってきました!

他の赤鞘たちは錦えもんの勘違いになぜツッコまなかったのか謎ですが、錦えもんをただ信用していたからなのでしょうか。

錦えもんに関しては、戦力も確かなものがありますし、この勘違いをいつ暴露するのか、それとも自分の胸のうちに秘めておくつもりなのか…。

錦えもんの大機転となった大きな勘違い、久しぶりに笑わせてくれてありがとう!という感じでしたね(笑)。

 

戦力目標は達した?

ワノ国編の序盤で、錦えもんは「5000人の戦力が必要」と話していましたが、味方が集まらない中、かなり無謀では?と思えるほどの数でした。

しかし、鬼ヶ島突入を目前にして、海賊勢とワノ国の侍たちを合わせてなんとか目標人数達成となりましたね!

トキによってタイムスリップした赤鞘たちはもちろんのこと、ワノ国に残り20年もの間耐え忍んできたメンバーもホッとしているはず。

もしかすると、戦況に応じてまだ人数が増える可能性もあるのでは?と思っています。

 

狂死郎の判断はいかに?

狂死郎は、「沈めてしまうのも悪い」と言って、百獣海賊団の船自体ではなく、大砲部分だけを切り落としていました。

あまり派手に動いて、カイドウとオロチに狂死郎の正体が早々にバレてしまうと、動きにくくなるのでは?と思います。

思い切って、部下から報告がいかないように沈めてしまった方が良かったような…。

錦えもんの勘違いのおかげで、むしろ好機が訪れているような状態ですが、このまま鬼ヶ島へ向かいまずはモモの助の救出となるのでしょうか。

モモの助に同行していて、すでに拘束されているしのぶが鍵になりそうですが、くノ一ですし何か策があって捕まっているだけな気もします。

 

ワンピース976話ネタバレ確定速報『カン十郎は寝返る?』

しのぶを拘束したカン十郎は、モモの助も捕らえ岸から海を眺め、「なんでルフィたちがここにいるのか」「オロチは先回りしなかったのか」と疑問を抱いていました。

自分がせっかく内通者となって情報を漏らしていたのにもかかわらず、オロチは何やってるんだって思っているようでした。

一方、モモの助はまだカン十郎が裏切り者の内通者だった事を知らないようで…。

カン十郎によってサニー号の場所も知らされ、爆撃も受けていたのですがほとんどダメージなく無事だった様子はホッとしました。

ルフィは、錦えもんに「敵船に攻撃してもいいか」と聞きますが、その一方で集まっているはずの仲間・船・武器がない事に気付き、錦えもんから「作戦が漏れていた」事実を聞かされました。

この後の展開としては、やはりカン十郎が光月家側に寝返るのか、が気になりますね!

 

同盟記念日

部下によれば、この日は百獣海賊団とビッグ・マム海賊団の同盟を記念する宴の日でもあるそうで…。

キッドやローたちも驚きますが、敵船を鎮めるために3船長がまず飛び出しました。

3人共「自分1人で全部倒す!」という勢いですが、やはり誰も譲る様子もなく、「ここで使うか?」と思ってしまう渾身の一撃が披露されます。

敵船は大爆発となり、まだ言い争いをやめない3船長に対し、残る2隻が狙いを定めますが…。

狂死郎一家の船が登場し、カイドウの部下が「敵の船を沈めてくれ!」と頼まれた狂死郎は、そのまま百獣海賊団の船の大砲を切り落とします。

警戒する面々でしたが、「赤鞘の侍の助太刀をする」と宣言した狂死郎の正体がいよいよ傳ジローである事もわかりました。

 

3船長の共闘?

ルフィとロー、キッドの3人の船長が揃い大興奮の展開でしたね!

まさにシャボンディ諸島の時を彷彿とさせますが、相変わらず共闘していくという考えには至らないようです。

ルフィとローすらも、同盟を結んでいるのにも関わらず…という感じで、協力すればいいのに、そんな気はないのでしょうか。

また、狂死郎がここでついに正体を明らかにしました。

錦えもんの”勘違い”が話題ですが、錦えもんと一番古い仲なのに「錦えもんは頭が悪い」という事実に気付いていないのか…?

狂死郎(傳ジロー)の方が手に負えない可能性があるかもしれませんね。

 

ワンピース976話ネタバレ確定速報『世紀の読み間違いについて』

「鳩港って??」となった方も多いと思うのですが、漢字表記だと「波止」。

刀武港の波止を指しているようですが、狂死郎が「あんたたちが集めた4200の軍勢は、作戦通り康イエ様の愛した”もみじ林”の絶景がある刀武港の波止に身を隠し…」と言った事で判明した”勘違い”。

さら1200の仲間を足し、総勢5400人となったわけですが、ここまでなんとか作戦通りに準備が整ったのも錦えもんの勘違いのおかげですね。

狂死郎は「さすがは俺達のリーダー」とほめたたえていますが、錦えもんは単純に読み間違いをしていたようです。

「トカゲ」だと読者も思い込んでいただけに、前回のラストシーンは爆笑ものでした。

あれだけ緊迫した状況でこんな失敗をしていたわけですが、何もツッコまなかった赤鞘たちは「これが錦えもんの作戦だ」と思い込んでいたのでしょうね。

 

褒められる男

狂死郎(傳ジロー)は、判じ絵を前に「錦えもんはすごい男だ!」と大絶賛していました。

というのも、もともと康イエが示した”ハブの腹に2本線”の絵。

2本線は、腹の絵を消す事を意味していたので、本来は「はと」と読めば良いところを、内通者に気付いた錦えもんはあえて「トカゲ」と読んだ、という狂死郎。

錦えもんの察しの良さ、機転の利いた読み間違いをあっぱれと言っていましたが、ご存知の通りただの読み間違い…。

読み間違いのおかげで、すべての軍勢が敵の目をはぐらかし”波止(ハト)”に集結できていますが、恥ずかしさが限界の錦えもん。

 

ジンベエの合流はいつ?

ネコマムシ以外の赤鞘も集合した状態となり、いよいよ全員が鬼ヶ島入りする場面も近くなってきました。

鬼ヶ島へ入る前に、ジンベエが合流するのでは?と思っているのですが、WCI以降姿を見せていないジンベエ。

オロチとカイドウの本拠地が鬼ヶ島だとはまだ知らないと思いますので、ワノ国本土から関係者がいなくなる前に合流しないと作戦も伝わらないのでは?

麦わらの一味と違和感なく合流するためには、鬼ヶ島に全員が入る前に合流する事が必要だと思いますが、となるとジンベエもそろそろ登場でしょうか。

 

『ワンピース ネタバレ 最新 確定 』まとめ

ここまで、2020年4月6日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新976話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介しましたが、いかがでしたか?

前回975話では、モモの助と一緒に捕まったはずのしのぶの姿がようやく確認ができてホッとしましたが…。

まだモモの助は救出できていない状態ですし、誰がモモの助としのぶの救出に向かうのかはこれから明らかになりそうです!

錦えもんの世紀の勘違いによって作戦はむしろ成功へと進んでいますが、錦えもんのこれからの動向に注目が集まっています。

さすが錦えもん!と称えられていましたが、いつか読者以外の前で「勘違いしていた」とカミングアウトする事があるのでしょうか。

次週掲載分は休載となりますので、2週間後のワンピース最新話を楽しみに待ちましょう!

週間少年ジャンプ:公式HP

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.